REAL VOICE
在校生と卒業生のリアルな声

宮崎の自動車学校の在校生と卒業生に聞いたリアルな声。どうしてその学校を選んだの?卒業して教えて欲しかったこと、もっと勉強したかったことは?知りたいことが、ここにあるかも。

宮崎の大学生、自動車学校を選んだ理由は「友だちからのオススメ」と通いやすさ

宮崎での自動車学校の選び方を、現在実際に宮崎の自動車学校に通う在校生と卒業生に聞く「自動車学校ってどうなの?」のリアルな声をご紹介するコーナー、今回は宮崎産業経営大学に通う大学2年生のレポートです!

宮崎市赤江にある宮崎ドライビングスクールに通う大学2年生の斉藤俊介さん。
彼が今通っている自動車学校への入校を決めた理由や、免許取得に対する不安や思いなどをお聞きしました!

自動車学校へ入校したのは大学に入って時間ができてから

宮崎市赤江にある自動車学校「宮崎ドライビングスクール」に通う斉藤俊介さん。斉藤さんは宮崎産業経営大学に通う大学2年生(現在20歳)です。

地元宮崎の高校を卒業した斉藤さん、高校卒業のタイミングでは免許取得は考えなかったそう。理由は受験勉強に疲れていてそれどころじゃなかったそう。大学に入り、免許を取得し、クルマに乗っている周りの友だちを見ていたら、免許をとりたくなって自動車学校への入校を決めたそうです。

自動車学校を選んだポイントは友だちのススメ

斉藤さんが自動車学校へ入校したのは1ヶ月ほど前(9月)。夏休みが終わるタイミングである9月であれば、人が少なくて良いかなと思って、このタイミングで入校したそうです。

また、なぜこの自動車学校(宮崎ドライビングスクール)を選んだのかというと、いちばんの理由は「友だちが薦めてくれたから」とのこと。
あとは、家が近い(歩いて10分くらい)のも理由のひとつだそうです。

宮崎産業経営大学は宮崎市清武町にキャンパスがあり、宮崎ドライビングスクールに比較的近く、周りの友だちもこの自動車学校に通っている人が多いのだとか。

また、斉藤さんの周りの友だちは、7:3くらいの割合で自動車の免許を持っているそうで、自分の車持ってる人も多いとか。

自動車学校で新しい知識を学ぶ楽しさ

とにかく早く免許とりたい!と話す斉藤さん。大学の授業が終わったらすぐ自動車学校へ行くそう。
家が近いので、家から自動車学校へは歩いていくそうです。

この取材の時点では、入校したてで日も浅く、技能講習ではまだ6時間くらいしかクルマに乗ってなかった斉藤さん。
技能講習でクルマに初めて乗ったときは怖くて緊張したと話してくれました。

学科の講習は、第一段階が終了、筆記の勉強も進めている状況ですが、座学で学ぶことは知らなかったことばかり。新しい知識を学べるので刺激があるそうです。

現在は、できるだけ早く免許が取れるように、授業を詰め込んでいる状態。仮免許取得の試験に向けて勉強中とのこと。
このペースでいけば、2〜3ヶ月で免許が取れるのではと話してくれました。

不安もあるけど先生がいるから安心

今はまだ仮免許取得前なので路上教習は未経験、自動車学校のコースを走っているだけ。車庫入れや縦列駐車など、バックの操作もこれからという斉藤さん。
少し不安も感じているけど、ガンガン練習して乗り越えます、とのこと。

先生たちがとても優しく、自動車学校へ入校する前から、心配いらないと友だちから聞いてたので安心ていると話してくれました。
S字カーブが難しかったけど、先生の指導のおかげでうまく出来るようになったそうです。

免許を取ったら友だちと海に行きたい

斉藤さんの周りの友だちは、自分のクルマを持ってる人も多く、クルマで大学に通学している人も多いそう。
免許を取ってクルマを手に入れたら自分もクルマで通学したいそうです。しかし、免許が取れたとしても、すぐに自分のクルマが買えるわけではないので、まずは親の車を借りていろいろなところに行ってみたいと話してくれました。

いずれは自分のクルマを手に入れ、友だちと一緒に海に行ったりしたいと話す斉藤さん。
早く免許が取れるよう頑張ってください!

自動車学校?教習所?呼び方に違いがあるのはナゼ?
他の方のインタビューも参考にどうぞ!