REAL VOICE
在校生と卒業生のリアルな声

宮崎の自動車学校の在校生と卒業生に聞いたリアルな声。どうしてその学校を選んだの?卒業して教えて欲しかったこと、もっと勉強したかったことは?知りたいことが、ここにあるかも。

宮崎の自動車学校どう選ぶ?/働きながら通うのは大変、でも先生のサポートで安心!

「宮崎での自動車学校選びってどうすればいいの?」というお悩みのヒントになれば!ということで、宮崎の自動車学校に通う在校生と卒業生に聞く「自動車学校ってどうなの?」のリアルな声をご紹介するコーナーです。

今回の記事は、宮崎市赤江にある宮崎ドライビングスクールに通う社会人2年目の前田梨恵さん。
彼女がどのような経緯で自動車学校を選んだのか?免許取得に対する思いなどをお聞きしました!

自動車学校へは「自分でお金を貯めて」

宮崎の自動車学校の選び方

前田梨恵さんは現在20歳。宮崎市内の高校を卒業し、ホテルに就職、現在社会人2年目です。
ホテルではパティシエの補助の仕事をしている前田さん。家から職場へは比較的近くで、会社へは自転車・徒歩で通勤しているそうです。

前田さんは高校生の頃から自動車の免許をずっと取りたかったそう。就職してから、免許を取るための自動車学校の費用を貯めはじめます。
そして社会人1年目でお金を貯めて自動車学校へ通い始めました。

自動車学校の情報はネットでリサーチ

宮崎には様々な自動車学校がありますが、宮崎ドライビングスクールを選んだ理由は、自分でホームページで調べて決めたそうです。
費用が安いなどの理由はあったものの、実際はどこでも良かったとのこと。

しかし、実際に通いはじめると、先生は優しいし、職場や自宅に送り迎えもあるのでとても便利。宮崎ドライビングスクールを選んで良かったと話してくれました。自動車学校の先生とも仲良しで、いろいろと優しく教えてくれるそうです。

働きながら自動車学校へ通うのは大変、でももう少し!

休みの日や仕事終わりの時間を利用して自動車学校へ通っている前田さん。仕事終わりに自動車学校へ行く日は夕方5時くらいに早めに上がらせてもらい、自動車学校での最後の授業がある午後7:00に間に合うようにしているそう。

前田さんは現在、自動車学校に通いだして半年、仮免許取得まで終わっている状況です。
しかし、学生とは違い、お昼になかなか通えないので時間がかかっているそうです。免許取得までもう少しなので、働きながらも限られた時間を活用して早く免許を取得したいと話してくれました。

車庫入れ、縦列駐車などバックが苦手

宮崎ドライビングスクールは教室や休憩室がキレイなので良いと話す前田さん。

自動車学校へ通い、自動車の運転を勉強する中で難しいのは「バック(車庫入れ、縦列駐車)」とのこと。
しかし、先生がしっかり根気強く教えてくれるので徐々に慣れてきたと言います。

また、仮免許を取得してから公道教習で公道に初めて出たときは、自動車学校のコースで40キロ出すのと、公道ではスピードの感覚が違うことに戸惑ったそうです。同じ40kmでも、自動車学校での感覚と違い、公道ではそこまで速くないなと思ったそう。

免許を取ったら大分へ行きたい

自動車の免許を取ったら、すぐにでも車がほしいとのこと。免許取って車を手に入れたら友だちと一緒に大分の杉乃井ホテル行きたいそうです。
しかし、免許を取ったら次は自分のクルマを買うお金を貯めなければならないので、最初はお母さんの車借りて出かけるかも、と話してくれました。

年内での免許取得を目指す前田さん。
働きながら自動車学校へ通い、免許を取得するのは大変だと思いますが、もう一息、頑張ってください!

 

自動車学校?教習所?呼び方に違いがあるのはナゼ?
他の方のインタビューも参考にどうぞ!